家庭用脱毛器の利用

最初は肌のきめを整えると言うのが目的ではなく、顔の産毛を処理したいと思い家庭用レーザー脱毛器のトリアを使用し始めました。レーザー脱毛を選択した理由は、カミソリを使用しているとカミソリ負けと言うか、ニキビや肌荒れができてしまうことが多くて嫌だったのと、一本一本毛抜きで抜くのはとてもじゃないけれど面倒だったからです。始めは弱い出力で照射しましたが、元々細い産毛なのであまり反応せず、段々強くしていき最終的に一番強い出力でも全然痛くなかったので、効いているのかどうなのか分からないままバシバシと顔に使い続けていたところ、休んだりしながら1カ月位続けた頃でしょうか、何故か毛穴が小さくなり肌がふっくらとし始めていることに気が付きました。

産毛は結局あまり反応しなかったので残念でしたが、肌がふっくら触り心地が良くなり、血行がよくなりました。ふっくらした分肌が光を反射するような質感になったので、ファンデーションを薄くしても肌がきれいに見えるようになったのが一番うれしいです。以前は少し気になり始めていた、目元とおでこの小じわやほうれい線も改善されてきています。ただ、肌のトーンが明るくなり、顔全体が白く感じられるようになったので、シミやソバカスが逆に目立ってしまっているような気がします。トリアの脱毛器にはシミに対する効果はなく、逆にやけどの危険性があると公式サイトで見かけたので、今度は別の方法でシミやソバカス対策をしていきたいなと思います。

レーザーはかなり効果的ではありますが、効果が大きいものと言うのはそれだけ肌への負担も大きいのではないかと思います。地道で地味ではありますが、とにかく保湿すること、お化粧をなるべくしないこと、お化粧したら帰宅後洗顔することを心がけています。あと、毎日日焼け止めを使うのは必須だと思います。周りの肌がきれいな中高年の方を見ていると感じるのですが、家に帰ったらお化粧を落とすとか、肌に優しい日焼け止めをこまめに塗り直すとか、小さなことの積み重ねと、過激なことをやりすぎないことが、年を重ねるごとに肌に出ていくのではないかと思っています。