化粧水でコットンパック

肌のキメの粗さとゴワつきにとてもなやんでました。そこで試したのが精製水と化粧水を使った朝晩のコットンパックです。

洗顔後に精製水で拭き取りをしパック用のコットンに精製水をたっぷり染み込ませパックします。

精製水だけだとすぐに蒸発してしまうので精製水を染み込ませた後に化粧水を少し染み込ませます。この時お肌の状態が悪くしみたりする場合は精製水のみでパックをします。それを朝晩の洗顔後に続けるとみるみるうちに肌の状態が改善されます。

キメの整い毛穴が目立たなくなりハリが出ます。保湿もされモチモチ肌に変わっていきます。後は睡眠です。22時から夜中2時はお肌が再生するのに最も適した時間ですのでその時間は睡眠を取るように心がけました。

肌のキメが整うと化粧ノリが全然違います。キメが粗いとガサガサ肌でその上から化粧をしてもファンデーションが粉吹いたようになりそれをカバーしようと更に上からファンデーションを重ねる。状態の悪いお肌にお化粧をしてもただの厚塗りになり化粧崩れも汚いです。

一方でキメの整った状態の良いお肌にお化粧すると毛穴も目立たずツヤツヤ陶器肌になります。化粧崩れしてしまっても崩れ方もきれいです。肌の状態やお化粧のノリが良いと気分も良いし女子力も上がりますよね。

お肌も内面もストレスフリーになるとターンオーバーも乱れずターンオーバーが整うとそれに比例してお肌の状態も整います。後はターンオーバーを整えるのには睡眠も大事です。正しいスキンケアと質の良い睡眠が大事です。

朝晩の洗顔後必ず精製水と化粧水のコットンパックをしてます。たまにさぼってしまう時がありますがやはり肌トラブルを起こしてしまったりするのど後々後悔します。なので必ずコットンパックはするようにしてます。他には質の良い睡眠です。

どうしてもしないといけない用がある時は夜中の2時までは睡眠を取り早朝に起床して用を済ませてます。その位睡眠は大事だと実感してます。後はビタミン補給ですね。サプリで補給したりビタミン点滴をしたり。

ただ、ビタミン点滴は高額で続けると負担になるので最終手段ですね。ビタミンは肌からも吸収するように心がけてます。ビタミンのシートマスクしたりビタミン導入剤が入った化粧水を使ったり。ドラックストアに行くと様々なビタミン導入剤入りの化粧水がありますので自分に合った化粧水を探してみるのもいいですね。

コットンパックに使う化粧水に注意

コットンパックでお肌は潤いますが、使用する化粧水によっては一時的ですぐに乾燥し逆効果なこともあります。

特に肌質が弱い人は顕著で、肌状態があまりよくないときはコットンパック保湿はしないほうがおすすめ。

参照サイト:【肌が弱い人用】目元乾燥小じわ対策

まずは肌質を変えるスキンケアから。コットンパックはその後の持続のためとしたほうが良さそうです。

丁寧に保湿するようになった

肌のお手入れはもともとシンプルケアが好みだった私。そのため、自分の肌状態をよく確かめもせずに、オールインワンのスキンケアアイテムにありがちな「これ1本でOK」という言葉を鵜呑みにしてきました。

そのため、肌は常に乾燥しがちでした。さらにキメが荒く、手触りもざらざらしていたので、さすがに危機感を覚え、キメが細かい肌を手に入れるべく、対策に乗り出しました。まず、乾燥による水分不足に陥っていることはわかっていたので保湿を念入りに行いました。

化粧水をつける前に乳液をコットンに含ませて肌に乗せ、肌を柔らかくしてから化粧水をつけるというステップに変更したところ、まるで肌がごくごくと化粧水を飲んでいるかのような浸透力で、水分量が一気にアップ。乾燥が改善されると共にキメも細かくなりました。

肌のトーンが格段に明るくなりました。それによって、ファンデーションもそれまで使っていたものから明るめのカラーのファンデーションに変えなければならず、出費がかさみました。自然なツヤ感が出て印象がかなり良くなったと思います。

その点がデメリットと言えばデメリットですが、もとろんとても嬉しい変化だったことには違いありません。また、周囲から肌がキレイだと褒められることがぐんと増えました。スキンケアは何を使っているの?と聞かれることもありましたし、私の実年齢を知っている人からは、年齢よりも若く見えるねと言われることもしばしありました。肌のキメが整っていることが、見た目や印象をこれほどまでに左右するとは、正直、思ってもみませんでした。

私にとって、キメを細かくするためには抜群の効果を発揮したのが保湿対策です。ポイントは肌水分量。ツヤのある肌作りです。

補足:ツヤ肌作りと保湿の重要性

そもそも、自分の肌状態を確認もせずにスキンケアを怠っていたことは愚かだったなと反省している次第です。肌の状態は年齢、季節によって変化するのはもちろん、日々の体調によっても変化しやすいものなので、毎日きちんと肌状態を確認した上でスキンケアアイテムを選ぶことが大切だと感じ、今も実行しています。

乾燥が特にひどいと感じる時にはキメも乱れがちです。なので、乳液先行のスキンケアで肌を柔らかく整えてから、化粧水をたっぷりめにつけ、しかも重ねづけするようにすると効果的。乳液はコットンでつけますが、化粧水は手で直接つけて、しっかりと包み込むようにハンドプレスすると、浸透力があがり、もっちりとした肌になります。もちろん、肌のキメも整います。

今まではただ重ねていただけ。肌に何が足りていないのかが分かっていませんでした。やっぱり保湿だなと。保湿さえきっちりできていたら他にやるべきことはないと感じています。

家庭用脱毛器の利用

最初は肌のきめを整えると言うのが目的ではなく、顔の産毛を処理したいと思い家庭用レーザー脱毛器のトリアを使用し始めました。レーザー脱毛を選択した理由は、カミソリを使用しているとカミソリ負けと言うか、ニキビや肌荒れができてしまうことが多くて嫌だったのと、一本一本毛抜きで抜くのはとてもじゃないけれど面倒だったからです。始めは弱い出力で照射しましたが、元々細い産毛なのであまり反応せず、段々強くしていき最終的に一番強い出力でも全然痛くなかったので、効いているのかどうなのか分からないままバシバシと顔に使い続けていたところ、休んだりしながら1カ月位続けた頃でしょうか、何故か毛穴が小さくなり肌がふっくらとし始めていることに気が付きました。

産毛は結局あまり反応しなかったので残念でしたが、肌がふっくら触り心地が良くなり、血行がよくなりました。ふっくらした分肌が光を反射するような質感になったので、ファンデーションを薄くしても肌がきれいに見えるようになったのが一番うれしいです。以前は少し気になり始めていた、目元とおでこの小じわやほうれい線も改善されてきています。ただ、肌のトーンが明るくなり、顔全体が白く感じられるようになったので、シミやソバカスが逆に目立ってしまっているような気がします。トリアの脱毛器にはシミに対する効果はなく、逆にやけどの危険性があると公式サイトで見かけたので、今度は別の方法でシミやソバカス対策をしていきたいなと思います。

レーザーはかなり効果的ではありますが、効果が大きいものと言うのはそれだけ肌への負担も大きいのではないかと思います。地道で地味ではありますが、とにかく保湿すること、お化粧をなるべくしないこと、お化粧したら帰宅後洗顔することを心がけています。あと、毎日日焼け止めを使うのは必須だと思います。周りの肌がきれいな中高年の方を見ていると感じるのですが、家に帰ったらお化粧を落とすとか、肌に優しい日焼け止めをこまめに塗り直すとか、小さなことの積み重ねと、過激なことをやりすぎないことが、年を重ねるごとに肌に出ていくのではないかと思っています。

コットンパックを毎晩した

私は26歳頃から肌の乾燥がひどくなり、とくに日焼けをした後と冷房・暖房が強い空間に長時間いると、パリパリしてくるようになりました。肌も敏感肌で洗顔やファンデーションでブツブツができたりするほど敏感でした。肌に優しくてトラブルがおきない化粧水がやっとみつかったので、コットンパックをたまたましてみたら、次の日ツルっとしていて手触りがいいんです。美容サプリなども飲んでいるので最初はサプリか食べたものが良かったのかな〜と思っていましたが、別な日にまたコットンパックをした後に肌がツルツルになることに気づき毎日はじめたらキメが細かくなっていきました。スキンケアのお店で肌状態を調べてもらったら水分量も多く潤いがしっかりあるとほめられました。コットンパックのおかげだと思います。

お肌のキメが細かくなると、メイクがよくなじみのりがよくなります。くすみなども少ないように感じます。乾燥していた時は、洗顔する時や化粧水をつけるときにガサガサ・ごわごわしていた肌がツルっスベっとしていて、人前にいくことも積極的になりました。ただ、潤いが多いからか、夏はすこしテカリやすくなった気がします。冬は以前より大分乾燥しなくなりました。

お肌の状態は内側からのケアも大事なので、野菜をたくさんたべるオリーブオイルのお料理なども積極的にとる、コーヒーは肌に良くないと聞いたのでできるだけ控える。一番敏感になっているのは紫外線です。とにかく紫外線だけはあびないようにします。車を運転していても肌はやけますので一度エステをしてもらっているときに、少し顔の右側が黒いですね。日に焼けるんでしょう。と言われたことがあり、それから車の窓には日よけをつけて紫外線があたらないようにしています。また、首には年齢とともに増えてくるイボがあるのでそれは紫外線にあたると黒くなるので今は顔より首の方が強い日焼け止めクリームを塗っています。日焼けをした日は特に念入りにコットンパックをします。私の場合は肌が弱いため無印の茶色の化粧水と乳液を使っています。安いのでコットンパックでも大量に使えるのでおしまずたっぷり使っています。皮膚科の薬局などでおかれているNOVの美容液も使っています。メイク落としと洗顔もこのNOVです。これなら肌への刺激はありません。最近首のシワが深くなりすごくきになるので、POLAのリンクルショットをシワにぬりこんでいます。こちらは1万円以上する高いものなのですがPOLAは独自開発の他のメーカーでは使っていない成分なので効果がでやすいです。

基礎化粧品を変えた

もともと乾燥肌です。色も白い方で、日焼けすると黒くなる前に真っ赤になるタイプです。汗をかくことも少なく、暑さが顔にこもるような感じでした。その熱がうまく放射されず、皮膚の表面だけ乾燥していくような・・・。そんな私が第1子出産後、かゆみを伴った吹き出物のようなものが出始めました。ひとつひとつはそれほど大きくないのですが、掻いては出血してかさぶたになり、それが気になっては剥がれてまた出血し、とただでさえ見られることの多い顔に赤い斑点がいくつもできたのです。皮膚科に行くことも考えましたが、診察の終了時間が読めないので、その間泣くであろう乳児を連れて病院に行くのはためらいもありましたし、授乳中でもあったので薬を服用せずになんとかならないものかと子どものゴキゲンな時間を見計らって町の薬局屋さんに相談してみました。そこで授乳に影響を与えない漢方薬を処方してもらったのですが、たまたまそのお店は奥さんが薬用化粧品を取り扱っており、そこでも相談に乗ってもらい私の肌の症状に合ったスキンケアを提案してもらいました。おそらくかゆみがなくなったのは漢方の効果だと思いますが、どんどん赤み・腫れがひき、症状が出始める前よりキメが細かくなったのにはびっくりしました。

直接肌の変化、メリットというわけではないのですが・・・。そのスキンケアはいわゆる大手化粧品会社の商品ではなく、私も勧められるまで聞いたこともないメーカーでした。ですので正直「こんな広告も見たことない会社で大丈夫かな?」と不安でしたし、さらに言えばだいたいそこの薬局屋さんもママ友から聞いてはいましたが私自身は初めて入ったお店で信用していいのかな、とさえ思ってしまいました。また予想していたより値段も安く、本当にこんな値段で効果があるの?でもだからといって他に方法があるわけではないし、試してみてダメならまた考えよう、というくらいの気持ちでした。そのスキンケアを使い続けるうちに効果が表れ始め、最初に感じたあの考えは、先入観だけだったのだと思い知らされました。それ以来ドラッグストアなどに並ぶ派手な広告や値段だけに惑わされることなく、じっくり商品を手に取って選ぶようになりました。

とにかく乾燥がダメなことが分かりました。しかしだからといってスキンケアでべたつくのも嫌いです。1回で油分を補うというより、さらっとしたつけ心地のものを何度かに分けて肌に染み込ませるような感じのスキンケアが好みです。優しく丁寧に、その時の肌の状態に合わせて肌につける回数を調整します。もっと潤いが欲しい時はフェイスマスクを併用します。数多くの種類のフェイスマスクが販売されていますが、おすすめはユノスというメーカーの「恵み肌乳液タイプフェイスマスクS」です。この商品の一番のポイントはお肌にいい成分を使用しているのもさることながら、その使いやすさです。よく見かけるのがフェイスマスクがパウチに入っているタイプ。しかしこれだと一部でも閉め方がしっかりしていないと成分が揮発してしまいますし、何よりパチパチと何か所も押さなければなりません。またフェイスマスクが取り出しやすいように、とピンセットが封入されているものがありますが、わざわざピンセットを取り出すのも面倒だし、ピンセットを使ったからと言ってもつかみ方が大きいとやはり数枚出てきてしまいます。その点、この商品はティッシュボックスのような構造で取り出し口がふたになっており、開け閉めはワンタッチ。肝心のフェイスマスクの取り出しもティッシュのようにスムーズです。使用する頻度が高いものだからこそ、この手軽さがおすすめポイントです。

ロスミンローヤルとの出会い

妊娠、出産を経て肌の調子がかなり悪くなってしまった時期がありました。それだけではなく、やはり加齢が原因と思われるシミやそばかす、そして肌のキメの乱れといった悩みが次々に出てきました。これはもうスキンケアだけでは追い付かないと思い、シミやそばかすに効果的なロスミンローヤルというサプリメントを服用し始めました。すると、服用して1か月ほど経過したところで、かなり肌のキメが整ってきたのを実感しました。すっぴんになっても毛穴がほとんど目立たないのです。おそらくこのロスミンローヤルを服用することによって、肌のキメが整ってきたのだと感じています。BBクリームやファンデーションが浮くことなく肌に密着する感じがとても心地よいです。

肌のキメが細かくなったことによるデメリットは全くありません。キメが整うと本当に嬉しいことばかりです。まず、洗顔後の素肌は毛穴も引き締まり、キュッとなっていて手で触るとツルツルしています。そしてなによりもお化粧ノリが抜群によくなりました。ファンデーションが浮くことなく肌に密着するので、薄塗りでも全然大丈夫なんです。そのおかげで、BBクリームやファンでションを一度に使う量が減ったので、とても経済的だというメリットがあります。また、キメが整うことによって化粧水の浸透が良くなったような気もします。お肌が化粧水をグイグイ吸い込んでくれるので、乾燥する季節もお肌の潤いが足りないと感じることが少なくなりました。

肌のキメを細かいままに保つために、朝は洗顔フォームを使わずにぬるま湯のみで洗顔しています。寝起きのお肌はメイクもしていないので、ぬるま湯のみで十分汚れも落ちます。あまりゴシゴシ肌に負荷をかけると、肌のキメの乱れや小じわたるみの原因になるので、この朝洗顔は必ずぬるま湯のみのすすぎを心がけています。また、化粧品は大容量でなおかつ安価で購入できるナチュリエのハトムギ化粧水を愛用しています。たっぷり使っても惜しくないので、夜の洗顔後にコットンにたっぷり含ませて化粧水パックをしています。すると肌の潤いもいいし、つるっとしてキメも整ってきます。ポイントは保湿と肌に負担をかけすぎないこと、サプリメントの力も借りてみることだと思います。

スキンケアと生活改善

生活改善したことが一番の理由かなと思います。夜型から朝型になったことです。現在は育児中のため授乳しているときは赤ちゃん中心の生活でしたので昼夜逆転した生活でしたが、授乳をやめた2年くらい前から生活のリズムが朝型に自然に変わってきました。現在は、子どもに5時前後に起こされ、遅くても20時前後には子どもが寝てくれるようになったのでそれにあわせて私もどんなに遅くても21時には寝るようにしています。さらに、ここ数年秋口や春になると肌の乾燥が気になりだし、スキンケア用品をかえたところ乾燥がなくなりました。夏と冬では化粧水を変えるようにしていてお肌トラブルが少なくなったように思います。

肌のキメが細かくなったことでまず良かった点は、いろいろなメーカーのファンデーションをのせても浮いたりしなくなったということです。そして、ざらざらしてるように見えることもあったのですが、今はそれがなくなりました。肌につやが出てきたかなと思います。デメリットは、時間が経過してくると使ったファンデーションや季節にもよりますが、やはりキメが細かくなった分ごまかせなくなっているかなという気が個人的にはしています。ただ化粧品を塗ってごまかすといったことができなくなってきたかなと思うのでさらに気をつけていきたいです。嬉しかったことは、友人にあったときなど顔や表情につやがあり、健康そうに見えるということを言われたことです。これはほんとに嬉しかったです。

夏の間はあまり意識せず値段が安い化粧水などを使っているのですが、秋から春先にかけてはソフィーナの化粧水と乳液を使っています。さらに泡パックも合わせてつかっており、昨年の秋から今年の春先までそれをつかって乗り切りました。とにかく乾燥が気になったので今年もそれを使って乗り切りたいと思っています。クレンジングはファンケルのものがお気に入りです。洗いあがりもしっとりして必要なものを残してくれている感じがして好きです。スキンケアは定期的にパックと、秋くらいからはホットタオルを使って毛穴を開いてからパックしたり、化粧水をつけたりなどしていることと、湯銭につかり湯気などを吸ったりするようにしています。夏は手作り化粧水でアロエエキスがはいった化粧水を手作りしていたこともありました。今年は作ってないのですが、冷蔵庫で保存するため、暑い夏にはひんやり化粧水が気持ちいいんですよね。

プランセンタ美容液を使用するようになった

エイジングケアを求めていた私は、ネットの口コミでプランセンタ美容液に効果があることを知り、早速試してみたくなり購入しました。プランセンタの中でも馬のプランセンタが一番効果があると言われており、実際に使用してみた結果、一番効果が見られたのは、肌のキメが細かくなり、肌がきれいになったという嬉しい効果です。ちょっと値段は高かったですが、やはり試してみてよかったです。今まで、私は乾燥肌で悩んでおり、肌はガサガサ、シワだらけの顔で、ずっと肌には悩んでいましたが、どの化粧品を使用しても効果がなく、さんざん悩んだ挙句、やっと自分に合う商品を見つけたという感じです。今では乾燥肌も解消でき、エイジングケア効果を実感できるようになりました。

肌のキメが細かくなったことで、肌色が明るくなり、化粧品が肌に浸透しやすくなったためか、肌がプルプルと潤いを実感することができました。そのお陰で、化粧のりは凄く良くなり、肌のエイジングケア効果を感じています。今までは化粧に関しても悩みがありましたが、今では、化粧時間が大幅に短縮され、ほとんどスッピン同様の薄い化粧でも大丈夫になり、化粧をするのが楽しくなりました。一番のメリットは、肌が若返り、シワが減って年齢よりかなり若く見られるようになったことです。他にも顔が全体的にふっくらして、健康的になったと、周りの人に言われるようになりました。デメリットは今の所感じておりませんが、以前よりも脂っぽい肌になったかなとは思っています。以前私には不要だった脂とり紙を今では携帯するようになりました。

私の場合、1日2回、肌にダメージを与えない泡洗顔を優しく行い、洗顔後には馬プランセンタ美容液を使用してしっかりと肌ケアをしています。その後に肌を軽くマッサージしながら無添加の化粧水と乳液をつけ、たまにパックなどをして肌のストレスを発散させます。それから、体の外側だけではなく、内側からもケアをするようにしています。その方法として、ビタミンサプリを採ったり、しっかりと睡眠をとるなど、毎日の生活にも気をつけています。特に美肌には美腸と言われていますので、ヨーグルトを食べたり、乳酸菌を毎日採るようにすることも、肌のキメを細かくする作用をより高めてくれると思います。ダイエットをしたり、野菜を多く取ることも必要だと思い、私は実践するようにしています。

イオン導入器が効果を現しました

肌のキメが細かくなったきっかけは、はっきりしたことはわかりませんが、私が思うには、パナソニックのイオン導入器のイオンエフェクターを使うようになったことだと思います。イオンエフェクターを使うようになってから、基礎化粧品を丁寧に使うようになって、拭き取りの化粧水を使うようになったので、それも肌のキメを細かくする原因だと思います。イオン導入器の働きは3週類あって、拭き取り用の化粧水をつけて3分使い、化粧水をつけて3分使い、乳液や美容液をつけて3分間使うという、合計9分でいいのです。イオンエフェクターは充電式なので、コードが邪魔になることもなくて、サイズも小さくて使いやすいのです。しっとりとした肌になります。

肌のキメが細かくなってメリットとしては、ファンデーションがきれいにつくようになったこととノーファンデでも近所だったら出かけることができるようになりました。デメリットはほどんど感じませんが、メリットの方が大きいと思います。肌のキメが細かくなると、素肌がとってもきれいになりますから、リキッドファンデーションでもパウダーファンデーションでも、ノリがとても良くなって、お化粧をするのが楽しくなりました。キメが細かくなったら、肌色も明るくなって、ファンデーションの色がワントーン明るめになってもいいようになり、色白になりました。そのおかげで明るい色の服を着ることができるようになりましたし、口紅の色やアイシャドウの色を楽しめます。

私はスキンケアーで、パナソニックのイオンエフェクターを使っていますが、最初に拭き取り用の化粧水を使うので、SK2のフェイシャルトリートメントクリアローションを使っています。1日1回の使用でいいので、夜のお手入れの時に使っています。私の肌の悩みは乾燥だったのですが、イオンエフェクターを使うようになって、肌が潤うようになって、乾燥しなくなったので、肌のキメが細かくなったのだと思います。基礎化粧品にはSK2の拭き取り用のクリアローションを使い、化粧水や乳液には花王のソフィーナボーテの高保湿化粧水や高保湿乳液を使っています。このソフィーナボーテを使うようになってから、肌の状態がとてもいいので、肌に合っているのだと思います。

洗顔料をふわふわに泡立ててぬるま湯で優しく洗うようにした

友人から誕生日プレゼントで洗顔と泡立てネットのセットをもらいました。それまでは泡立てネットを使ったことはなかったのですが、せっかくいただいたので、一緒に付いていた洗顔方法の書いた紙通りに洗顔してみました。泡立てネットを使い、ホイップクリームのような泡を作り、まずは頬にその泡をふんわりと当てて顔全体をマッサージしながら撫でるように洗顔をするという方法でした。そしてその泡はぬるま湯で良くすすいで落とすと書いてあり、以上の洗顔方法を1週間続けたところ、お肌を触ると柔らかく、もちもちした触感になりました。数日後、いつも購入している化粧品のカウンセリングコーナーの機械でお肌の状態をみてもらったところ、前回訪れた時よりもきめが整っていると言われました。

顔のお肌のキメが細かくなり、手で触っただけでもお肌がモチモチしていることが感じられました。いつもは化粧をすると、化粧水や乳液はベタベタ顔に残り、パウダーファンデーションの乗りもべっとりする感じでいまいち良くなかったのですが、キメが細かくなってからは化粧水や乳液はすっと浸透するような感覚があり、パウダーファンデーションもよく伸びてムラなく塗れている感覚がありました。また、夏場などは化粧崩れがひどくて一日に何度も化粧直しをしていたのですが、化粧崩れもあまり感じられず、一日に一度化粧直しをする程度になりました。強いてデメリットといえば、洗顔の際にふわふわの泡を立てたりゆっくりとマッサージしながら洗顔をするのでとても時間がかかることです。

時間がかかって面倒でも、泡立てネットを使ってふわふわの泡を立ててマッサージしながら洗顔をする方法は毎日行っています。また、ぬるま湯の温度にも気をつけ、大体35度くらいのお湯を使っています。洗顔の前に拭き取り式の化粧落としシートを使い、さらに化粧落しのジェルで洗い流したあと、洗顔を行うようにしています。使用している物は化粧落しシートはヒアルロン酸配合の物で、化粧落しのジェルはデッドシーという死海の天然ミネラルが配合された物を使用しています。毛穴の黒ずみや老廃物を取り除く成分があるとのことで、この化粧落しジェルで化粧を落とした後、ふわふわの泡で洗顔しています。洗顔はどこにでも売っているダブの洗顔料ですが、よく泡立つので気に入っています。